美容と健康のためにお知らせしたいことがある

美容効果、健康効果について学ぼう

女性ホルモンのエストロゲンとは何だろう

雑誌などでも取り上げられることが多い

エストロゲンの美肌効果について

「エストロゲン」には優れた働きがあり、美肌を得ようと思うのならば積極的に体内に補充したいものなのです。美のホルモンと言われるほど美容に効果があると言われています。
このエストロゲンは年齢とともに少なくなってしまいますが、食費やサプリメントで補給する事によって女性ホルモンの働きを活性化させてくれます。
先にも言いましたが、摂るだけでお肌を健康に導いてくれて、若返り効果も得られるのです。付け加えると、ダイエットにも効果があるとかないとかとも言われていますね。
肌の皮膚の表面だけではなく、中からきれいにしてくれるので、その働きに期待している人は出来る限り摂取してみて下さい。サプリメントも販売されているので、摂りやすい方法で試してみて下さい。

シミやお肌の弾力の原因には、エストロゲンが関係する

ここで簡単に女性ホルモンについて、ご紹介したいと思います。種類としては、二つほどありまして「エストロゲン」「プロゲステロン」と言われるものが存在しますね。どちらも女性には欠かせないものなのです。
そして、前者はお肌の健康に働きがあるのです。シミやシワ、お肌の弾力、潤いなどの予防効果があります。ですから、このエストロゲンが不足するとお肌に直接的に影響するというわけなのです。

女性が妊娠するためには欠かせないホルモン

エストロゲンとプロゲステロンの違いについてお知らせ

どちらも「女性ホルモン」とご紹介した二つのものですが、今回はその違いについてお知らせしたいと思います。これらは妊娠に大きく関係するもので、どちらか一方が減少してしまうと体調に響くものなのです。そして、その違いとは、エストロゲンは妊娠に先駆けて、子宮内を妊娠しやすく整えたり、女性らしい丸みを帯びた身体を作ったり、新陳代謝を促進させて女性の若々しさを持続させ、肌を美しくする効果があり、美肌ホルモンとも呼ばれています。それに対してプロゲステロンは厚くなった子宮内膜を維持したり、妊娠に備えて水分や栄養分を身体の中に蓄えたりする、女性が妊娠するためには欠かせないホルモンです。女性ホルモンを増やすならサプリがイイね。

妊娠中に必要なホルモンやエストロゲン

妊娠すると「エストロゲン」は、どんどん体内で増量していきます。臨月時あたりが一番多く、出産後にものすごい勢いでその量は減っていきます。
このホルモンは子宮を大きくしたり、乳腺を発達させたりといった、妊娠の継続・出産に向けての体をつくる大切な役割を担っています。
ホルモンバランスが乱れると、様々な悪影響が出ますので生活習慣など気を付けることが大切です。
ストレスは悪影響なので、ノンストレスの生活を送るようにしましょう。また、妊娠することにも大きな影響があるので、子供を欲しいなーと考えている方は、ホルモンバランスの調整が必要となります。

過剰なストレスや度重なる緊張、疲労の蓄積

PMSとエストロゲンの深い関連性について

「生理前症候群(PMS)」について簡単にご紹介したいと思います。これは生理前に起こるもので、その症状としてはいろいろとあります。代表的なものだと「なぞの体調不良」と言ったものが多いですね。その原因がはっきりしないものであって、未知のゾーンの症状なのです。ビタミンやミネラルなどの健康成分が減少することから来るのではないかと言われていますが、全く証明はされていません。(もしかしたら、この時点で発表されてるかもしれませんけどね)
PMSは、過剰なストレスや度重なる緊張、疲労の蓄積などが症状を悪化させる傾向があり、生来几帳面な人や内向的な人、細かい事を気にする人などにも症状が強く出る傾向があります。

胸を大きくすると評判の成分「エストロゲン」

女性なら誰でも大きな胸のスタイル抜群の身体に憧れます。
よく小さな胸がコンプレックスだと言っている女性の話を聞きます。胸を大きくするために大きく影響するのが、エストロゲンという成分です。
この成分の働きよって、胸の大きさが変化するものなのです。女性ホルモンの仲間でたくさん体内で増えれば、めでたく巨乳の仲間入りというワケです。
乳腺が発達すると、乳腺を守るために皮下脂肪が増えます。それによって胸は大きくなるというわけです。では、エストロゲンの分泌を促すにはどうすればいいかですが、それは、早く寝ることです。この成分は就寝中に分泌されます。特に、22時から夜中の2時が重要です。しっかり寝てエストロゲンの分泌を促すようにしましょう。

女性ホルモンと同じ働きがある「エクオール」

ヨーグルトなどを積極的に摂る

「エクオール」はいろんな方法でカバーできる

「エクオール」とは、更年期障害時に女性の体内で減少する健康成分の代わりに働く貴重なものを指しています。働き度はかなり高く、満点な成分なのですが、多くの方は体内でこれを生み出すことができない現状なのです。その作れない理由とは、体質の問題なので何とも言えないのですが、その数は五分の三くらいの割合です。驚くと思いますが、半分以上の方はダメということになっているのです。ですが、これは食品を食べることによって簡単に補うことができるので安心してください。「大豆」を食べましょう。毎日継続して取るといった形にすれば良いのです。
サプリメントという手もあります。いろいろと考えると、私は手間いらずの健康食品が良いかなと思います。

エクオールを増やす方法は

女性特有の更年期障害は、辛い悩みとなって、長年重くのしかかっていました。その解決の鍵を握るものとして注目を集めているのが、エクオールです。
この成分が女性を悩ます。更年期の対策をしてくれます。体内で失ったホルモン成分の代わりに働くことが分かっているのですが、体内で生産するには「大豆イソフラボン」を過ぎるほど摂る必要があるのです。そして、ここで大きな問題点がありまして、この成分は前回もどこかで書いたと思いますが、体内で生産できるという方は40パーセントくらいの方しかいないのです。外国人は日本人より多いと言われていますけどね。
自分が作れない体質とわかったら、サプリメントを摂るようにすればいいので慌てることはありません。エクオールを増やす方法はいくらでもありますので積極的に努力しましょうね。
専門サイトでご確認ください http://konenki-sapuri.com/

テレビ番組でも話題

テレビで話題の「エクオール」

テレビ番組でも話題になった「エクオール」。女性なら、誰でも気になる成分ではないでしょうか。生理痛や更年期障害など、女性が悩むさまざまな病気予防に良いとされているのです。
その理由としては、この成分は女性の体の健康や美容バランスを保つ成分と同じ働きをするためで、腸内に多く存在していれば女性の健康を保ってくれるのです。
ですが、人間の半数近くが自分で作ることが出来ないという研究結果が出ているようです。そのためサプリメントなどで手軽に補うことも一つの方法です。
健康に大きく関係するので、直接的に摂れるサプリメントは絶対に良いと思います。

エクオール検査キットの効果

日本人女性の半分以上の方(約60%くらいの数字だと言われています)が、エクオールを作り出す腸内細菌を体内にもっていません。美しさを保つための腸内細菌、その有無を調べる検査キットがあります。簡単に検査できます。
「尿」を取って送るだけという、数分で終わるものなので気になる方は試してみましょう。結果が分かるのは数週間後くらいになります。

年齢と共に女性ホルモンのエストロゲンが減少する

ソイチェック(エクオール郵送検査キット)の使い方

使い方は検査キットが到着したら採尿し、返信封筒に入れて投函すると約10日で結果が届きます。
体内で作れる人も作れない人も、年齢と共に感じる心身の変化の更年期症状がある場合は、エクオールを摂ることで緩和されることが期待できるのです。
更年期障害というものは、かなりつらい症状がたくさんあります。これを予防、改善をする場合、この成分が体内で生産されるかどうかは、かなり大きなことです。しっかりとチェックすることを強くおすすめしますね。

健康のために出来ることから始めよう

禁酒からはじめてみる

禁煙や禁酒からはじめてみる

世の中の人が独自で行なっている「健康方法」について語りたいと思います。皆さんは自分の体の健康のために何かしらの対策はしているのでしょうか。
タバコは1日10本で我慢しているとか、お酒はほどほどに飲む、野菜から食べるようにしてる、などなど。
大人になると健康が気になり、何かはじめないとイケないと思ったりするもんなんですよね。若いときは何とも思わないのはわかりますが、30歳を越えて、何ひとつも健康について考えないのは問題ですよ。ここでは、そんな健康に無頓着な方へのメッセージとしておすすめしたいと思いますね。

健康のために糖尿病の検査を

中年クラスの年齢に差し掛かると「糖尿病」という病気が気になりはじめると思います。日ごろからの不摂生な習慣から生み出される症状のひとつですね。
簡単に言うと、血糖値の濃さが関係する病と言っておきましょうかね。その数値が高いとトンでもないことになるのです。
血糖値というのは、血液の中に含まれるブドウ糖のことを表すもので、この数値が異常だと「糖尿病」ってことになるのです。原因はいろいろとあるので見直しが必要になることでしょう。

DHAとEPAで健康予防できることがある

DHAとEPAに心臓病予防効果ある

DHAとEPAで心臓病予防

DHAとEPAの健康成分には「心臓病予防」という働きがあるそうです。これはどちらの成分も血液の健康をサポートする効果が高いことが関係してることから言われているものだと思われます。血液を健康な状態でしっかりと心臓部まで送り届ける働きをしているのです。
またDHAの働きとして、血管内の細胞を柔らかくすることから、その内部に脂肪を残さないという働きもあって動脈硬化の予防効果も期待できます。
この成分を積極的に摂り続けた方は、循環器系の病気で亡くなるという確率は、かなり低いと検査発表もあるほどなので、毎日できるかぎり摂ることをおすすめします。

アンチエイジングに良い「EPA」

魚の「アジ」が、美容に良いってご存知でしたか。アジから取れる、EPA成分がアンチエイジング効果が高いとされているのです。俗にいう「青魚」ってヤツですね。成分の細かいサポート力は説明しませんが、とにかく、体内に入ると美容効果が優れているとされています。
アジは健康に良いだけでなく、お手頃価格で入手しやすい・美肌やアンチエイジング効果がある・他の油に比べて太りにくい油を含んでいるので美容が気になる女性の方へおすすめです。

DHAの効果は素晴らしいね

まず「DHA」は体内では生み出されない成分なのです。そして人間の健康には欠かせない成分でもあるのです。ですから、食べ物や健康食品などで補う必要があり、出来ることなら毎日継続して体内に取り入れたいもののひとつなのです。
ニキビやシミなどを改善してくれて肌の潤いをキープする美肌効果があり、他のオイルに比べてエネルギーになりやりやすく、つまりは太りにくくしダイエット効果、細胞の老化を防ぎシミや、たるみから守るアンチエイジング効果という健康美容を気にする方にとっては心強い味方となります。
DHAを多く含む食材やサプリメントは数多く販売されているので自分に合ったものを選んで出来るだけ毎日少しずつでも摂取しましょう。

栄養が凄い。旬に食べたいDHAたっぷりな出生魚

DHA成分をしっかり魚から取りたいなら「ブリ」をおすすめします。
含有量は、マグロのトロほどではありませんが、刺身でも厚く切ってたくさん食べられますので、手軽にたくさん摂取することができます。塩焼きもおいしいですが、野菜などと一緒に煮たときには、煮汁も一緒にたべるようにすると栄養を無駄にしないで摂取することができます。
この健康成分は、頭を良くすると言われていて脳の健康に働きが強く、しかも最近では、いろんなアレルギーの予防効果もあるとされているので、今からでも遅くはないと思います。毎日、旬なお魚を食べるようにしましょう。